HOME > 医学部受験予備校おすすめ5選
医学部受験で、合格を勝ち取るために重要なことは、もちろん本人の努力です。
しかし、重要なのは、それだけではありません。本人の努力に加えて、本人に合った学習環境も、実はとっても重要なのです。
例えば、自習での受験が向いているのか、予備校での受験が向いているのか。まずは、そこから考える必要があります。
そして、予備校が自分には向いているという方は、自分の得意分野や苦手分野を見極め、それらに適したカリキュラムを用意してくれるかどうか、また、やる気を最大限引き出してくれる環境が整っているかどうかなどを、考える必要があります。
そこで、この記事では、医学部受験における予備校のうち、特にオススメの予備校5つを紹介します。
医学部受験を控える皆さまの、予備校選びの参考になりましたら幸いです。

医学部難関大学受験専門予備校KGS
メディカルラボ
医進の会
東京メディカル学院
翔進予備校

医学部受験にオススメの予備校
医学部難関大学受験専門予備校KGS

1人1人の生徒に塾長の目が行き届いており、その人にピッタリのカリキュラムのもと勉強することができる。
医学部難関大学受験専門予備校KGSは、2011年に創立した名古屋の予備校です。
なんと、医学部進学率は、驚異の80%越え。
このように圧倒的な結果を誇るKGSには、特徴的な信念があります。それは、「医学部受験で合格を手にするためには、授業のみならず、さらに理解を深めるための自律学習が不可欠である」というもの。
この考えに基づき、超少人数授業や個別授業により、一人一人の実力を把握し、個別のプログラムを作成します。そして、このプログラムに沿って徹底的な自律学習を進めることで、合格を目指すというプロセスを確立しています。
この独自のプロセスによって、医学部進学率80%越えという結果を導くことができるのです。
カリキュラム
KGSでは、一人一人の生徒に合わせて、本人の実力や志望校を考慮した、オリジナルカリキュラムを作成します。
このとき、ただ成績だけで、カリキュラムを作成するのではなく、授業での生徒の様子や性格、生徒・保護者・講師間の三者面談なども考慮して作成してくれます。そのため、より、一人一人に合ったカリキュラムが完成するのです。
学習環境
先ほどお伝えした通り、KGSでは、自律学習を重視しています。
そのため、自習室は、年中無休、且つ24時間、利用可能となっています。
さらに、一人一人に専用の机が用意されているため、わざわざ、塾まで行ったのにも関わらず、自習室が満室だったなどという心配もなく、集中しやすい学習環境が整っているといえるでしょう。
立地
最寄り駅は、名古屋市営地下鉄桜通線 今池駅、吹上駅となっています。
これらの駅から、歩いてすぐの立地にあるため、無駄な通塾時間を削減することができますよ。
費用
受験予備校によくある季節料金のようなものがなく、明瞭な料金体系であることが特徴です。
医学部難関大学受験専門予備校KGSの詳しい情報はコチラをご覧ください

医学部受験にオススメの予備校
メディカルラボ

考えに考え抜かれた、最も効率の良いカリキュラムのもと、自分にあったプロ講師によるマンツーマンのプライベート授業で学習。
メディカルラボでは、生徒一人ひとりの学習環境に合わせて合格までの個別カリキュラムを作成し、そのカリキュラムに沿って、プロ講師が1対1のプライベート授業を行います。
また、『わかった』を『できる』に変えていく150分授業や、理解したことをしっかりと定着させていく確認テスト、受験校選定から本試験対策まで、生徒一人ひとりに合わせた戦略的対策等のノウハウを駆使して、効率的に医学部合格へと導きます。
カリキュラム
メディカルラボの個別カリキュラムには、大きな4つの特徴があります。

1つめは、個人ごとに作成されたカリキュラムを適宜修正していく点です。プロ講師の報告書や定着確認テストによる客観的な結果、生徒本人の主観を基に、月に1回行われる生徒面談で担任スタッフがカリキュラムの進捗を確認し、志望校合格という目標に合わせて、その都度変更を行っていきます。

2つめは、医系学部受験に特化し、志望校に的を絞っている点です。志望校に的を絞りこみ、受験科目の合計点で合格最低点をクリアすることで合格を目指します。得意科目、不得意科目ごとに強弱をつけ、無駄なく効率的に学習を進めます。

3つめは、受験直前期に過去問演習期間を設けている点です。過去問演習を行うこと自体は大した特徴ではありませんが、どの大学に何をどれくらい行うのか、という指導方法に特徴があります。志望校以外の大学について、メディカルラボでは、どのような成績の生徒がどんな大学に合格しやすいかという観点に基づいたマッチング指導を行っています。この指導で、より合格する可能性の高い受験校を選定でき、志望校同様の対策を行えるのです。

4つめは、英語・数学を先に固め、理科・社会で追い込みをする、という点です。英語・数学は一度カがつくと、学力の維持にさほど時間を必要としませんが、理科・社会は「覚えた事を忘れないため」のメンテナンスに多くの時間を費やす必要があります。このため、カリキュラムでは、英語・数学を先行させ、理科・社会で追い込むパターンを基本にしています。
学習環境
メディカルラボは、全てにおいて、「個別」であることを重視しています。マンツーマン授業はもちろん、自習室も、全てが個別ブースとなっています。この自習室は、広い机と、静かな環境を備えており、朝9時から夜10時まで年中無休で利用できるため、多くの生徒
に好評です。また、夕方6時以降は現役の医学部生が質問専任チューターとして常駐していますので、授業の予習や復習でわからない事が生じても、その日のうちに解決できます。
立地
メディカルラボの魅力には、医系専門予備校で唯一全国に校舎を展開していることも挙げられます。札幌から鹿児島までに展開する全27校舎からそれぞれのエリアの医学部入試情報を集約し、全校舎で共有。どの校舎に所属していても、日本全国の医学部入試情報の提供を受けることが可能です。また、非常にアクセスが良いのも魅力の一つです。
費用
すべての授業がプロ講師の個別授業であることと、全科目の学習バランスの調整・合格可能性の高い受験校の選定、担任による丁寧なサポートを受けられることなどを考えると、決して法外な価格設定ではないと言えるでしょう。
メディカルラボの詳しい情報はコチラをご覧ください

医学部受験にオススメの予備校
医進の会

国公立医学部・関西4大私大医学部志望者に特化した予備校。
医進の会は、超一流プロ講師が1対1の個別授業を行う大阪の医学部受験予備校です。関西でもトップクラスの規模を誇り、毎年多くの医学部受験生が集まる個別授業を行う医学部受験予備校です。
医学部受験に臨む1年間は、勉強量もさることながら、生活リズム等のケアも必要となります。
そこで、この医進の会では、精神面、体調面、生活面のサポートも行なっており、医学部受験に挑む人々を、総合的にサポートしていることが特徴と言えるでしょう。
カリキュラム
医進の会では、完全オーダーメイドの個別カリキュラム・個別テキストを提供し、それぞれの生徒に合わせたオーダーメイドの個別授業を行っています。
高卒生であるのか、現役生であるのか、学校での推薦入試も希望しているのか。これらのような、個人の状況に合わせて、カリキュラムを作成。そして、そのカリキュラムに沿って授業を進めていきます。
学習環境
医進の会では、非常に快適な個別ブースが用意されています。
通常の予備校の自習室には、机と椅子のみが用意されていることがほとんどです。しかし、医進の会の個別ブースには、ホワイトボードまでも用意されており、そのブース内で、個別授業を受けて、自習でも利用できるほか、食事まで取ることができます。このように、医進の会では、まるで自分の部屋のようにプライベート感のある、勉強に集中できる環境を提供しています。
他にも、靴を脱いでの利用ができることや、ブランケットなども用意されており、快適な学習環境が整っています。また、お茶、コーヒー、紅茶などの飲み物、お菓子、お味噌汁等スープ類も多数無料で用意されており、こちらも生徒から好評なようです。
立地
関西でも、塾・予備校が密集した一番の文教地区である上本町に校舎があり、交通アクセスは、上本町校、谷町校、共に駅から徒歩わずかの距離となっています。
また、希望があれば駅までの送迎も行なっているようですので、親御さんは安心して通わせることができるでしょう。
費用
医進の会の魅力は、費用面にもあります。
なんと、医学部受験予備校には珍しい、後払いの月謝制が用意されているのです。
そんな嬉しい支払い制度により、気軽に、プロの講師軍の指導を受けることができますよ。
医進の会の詳しい情報はコチラをご覧ください

医学部受験にオススメの予備校
東京メディカル学院

無料の夜間特訓や、定員制予備校であることが特徴。
東京メディカル学院は、疑問点をその日のうちに解決する、という信念をもつ、医学部受験予備校です。
この信念に基づき、生徒全員の疑問に徹底的に向き合えるよう、生徒は24人まで、という定員を設けています。
さらに、夜間でも、疑問点があればすぐ解決できるよう、無料の夜間特訓なども用意されています。
カリキュラム
東京メディカル学院のカリキュラムは、前期、後期、夏期、冬期、直前期で構成されています。
そして、生徒個人の苦手科目や得意科目を見定めた上で、適した時期に、その時にやるべき科目の対策を行います。もちろん、不明点等あれば、すぐにプロの講師陣が対応してくれるため、何かに苦手意識を持ったまま、先に進むということがなくるといったメリットがありますよ。
学習環境
東京メディカル学院の自習室は、個別で仕切られていることはもちろん、全員に専用の机が割り当てられます。
よって、机の確保のために、時間や労力を費やすことなく、勉強に集中することができるのです。
また、夜間特訓制度という、夜間の時間帯にも不明点に対応してくれる制度があります。これにより、いつでも不明点を解消でき、高い理解度を保つことができるのです。
立地
東京校(中野駅)、名古屋校(名古屋駅)、ともに駅から近く、非常に便利な立地であると言えるでしょう。
また、どちらの駅も、夜間でも人通りが多いため、安心して通うことができるというメリットもあります。
費用
都内の医学部専門予備校の中では、比較的安価な価格設定です。むしろ、安価すぎるがために、授業などの質を疑ってしまいますが、東京メディカル学院では、常にプロの講師陣による徹底的なサポートを受けることができるため、最高のコストパフォーマンスだと言えるでしょう。
東京メディカル学院の詳しい情報はコチラをご覧ください

医学部受験にオススメの予備校
翔進予備校

保護者への配慮は圧倒的。また、理科に強いことで知られる予備校。
翔進予備校は、横浜にある医学部受験予備校です。
この予備校は、他の医学部予備校と比べ、生徒だけでなく、親御さんへの配慮に優れた予備校だと言えるでしょう。
医学部受験では、受験を控えた本人の苦労はもちろん、実はその保護者も多くの心配や苦労を背負っています。そこで、翔進予備校では、定期的な三者面談の開催をはじめとし、模擬試験の結果、出席状況等を共有することで、ご家庭と一丸となり、受験に備えることを目標としております。
また、翔進予備校は、理科に強い予備校としても知られています。
一般的な予備校では、理科の講師の人員が少なく、なかなか質問する機会がない、ということが多々あります。しかし、翔進予備校では、理科の専門の講師が常駐しているため、いつでも疑問点を解消することができるのです。このようにして、理科で偏差値70を超える生徒を多数輩出することに成功しました。
カリキュラム
翔進予備校では、生徒個人の学力、志望校、ライフスタイルなどに加え、本人の性格までも細かに把握し、カリキュラムを作成します。
他の予備校でも、オリジナルカリキュラムを作成するところは多くありますが、「性格」までも把握した上でカリキュラムを作成してくれる予備校は、非常に珍しいと言えるでしょう。性格の把握は、そう簡単に行えるものではありません。しかし、翔進予備校が、生徒との対話を重視している予備校だからこそ、実現可能なことなのでしょう。
学習環境
翔進予備校の自習室は、個別のブース型となっています。もちろん、座席確保のための待ち時間等もなく、いつでもスムーズに自習を開始することができます。
さらに、医学部受験には、多くのテキストが必要となります。そんなテキストを毎日持ち運びすることは一苦労ですが、翔進予備校には、生徒全員にロッカーが用意されるため、手ぶらでの通塾も可能です。
また、学習面の指導だけではなく、精神面のサポートも行ってくれる点も、翔進予備校の魅力の1つ。医学部受験をするとなると、プレッシャーや不安、やる気喪失など、何らかの悩みを抱える方が多いでしょう。そこで、翔進予備校では、そうした精神面の悩みにも、生徒個人との対話を通して、サポートしてくれるため、安心して受験に挑むことができます。
立地
翔進予備校は、横浜駅から徒歩圏内の立地にあります。横浜駅から、ジョイナス地下街という、地下に広がる店舗通路があり、それを利用して通塾することができます。そのため、雨の日や、寒い冬の日には嬉しい立地だと言えるでしょう。
費用
翔進予備校は、医学部受験予備校の中では、比較的安価な料金設定です。
とはいえ、生徒本人の学習面、精神面までもフォローしてくれる上に、保護者への配慮にも抜かりない予備校です。そのため、総じてコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。
翔進予備校の詳しい情報はコチラをご覧ください
e-予備校ガイド